【大検証】オイシックス「おためしセット」と「Kit Oisix」お得なのはどっち?

かっこいい系インダストリアルキッチン|フルリノベーションしたこだわりの台所

キッチンインテリア実例 インダストリアル フルリノベーション リフォーム おしゃれ かっこいい
  • 誰の台所?:ヨコヤムヤムさん(30代女性/ライフスタイルリフォームアドバイザー)
  • 家族構成:夫婦ふたり暮らし
  • キッチン種別:クリナップのラクエラ(間口は2250mm)
  • キッチンの広さ:2.8帖
  • キッチンの形状:オープン型の壁付けキッチン
  • 自炊の頻度とよく作る料理:週に2〜3日 宅配食を利用しているので、料理というよりも炒める、温めるなどが主
  • お住まい:札幌の中心地 駅徒歩20秒の利便性最高のマンション
  • おうちについて:2016年に63平米の中古マンションを購入し、フルリノベーション
目次

工夫がいっぱい!インダストリアルなおしゃれリノベキッチン

2016年に中古マンションを購入しフルリノベーション。
その様子を記録するためにはじめたブログがきっかけで、ライフスタイルリフォームアドバイザーの資格を取得し、ネットメディアの編集長に転職という、リノベーションが人生の転機になったヨコヤムヤムさん。

インダストリアル(工場っぽい無骨な)テイストで仕上げたお部屋は、細部までこだわりが詰まっています。
その中でも特にかっこいいのがキッチン。
サブウェイタイルの白い壁と、ステンレスキッチン、黒アイアンの骨組みに足場板を渡したオープン収納など、見せたくないものを徹底的に隠しているので、とにかくスキがなくおしゃれ!

キッチンインテリア実例 インダストリアル フルリノベーション リフォーム おしゃれ かっこいい
これぞフルリノベーションの醍醐味、無骨でかっこいい台所

予算をかけずに台所をリノベーションしたのに、満足度が高い理由とは?

ヨコヤムヤムさんはリノベーションする際、システムキッチンにクリナップの中でグレードが低い「ラクエラ」を、あえて選びました。

その理由は料理の頻度が少ないから。
共働きで自炊するのは週に2〜3日だけなので、リノベーションする際に、キッチンにはそれほど予算を掛けなかったそう。

ヨコヤムヤムさん

クリナップはステンレスに定評のあるメーカーとあって、シンクはもちろん、収納部分もステンレスになっていて気に入っています。

また、身長が155センチと小柄なことを考慮し、システムキッチンの間口を2250mmに縮小しました。

大木奈ハル子

なるほど!
キッチンの幅が広すぎると移動が増えて負担になるんですね。

リフォームするなら、とりあえず調理スペースが広いにこしたことはないし、収納スペースが多いにこしたことはない。
そう考える人が多いのではないでしょうか?

ヨコヤムヤムさんが満足度の高いリノベーションをできたのは、予算や生活スタイル、自分の体型など、さまざまな要素を考慮して、何を重視して何を削ぎ落とすかを、きちんと選択した結果なんですね。

キッチンインテリア実例 インダストリアル フルリノベーション リフォーム おしゃれ かっこいい
小柄なヨコヤムヤムさんに使いやすいサイズ感のシステムキッチンをチョイス

キッチンリノベーション、こだわりポイント

それでは逆に、キッチンをリノベーションする際に、こだわったポイントはどこなのでしょう?

独立型のキッチンではないため、LDKとして空間全体を見た際、「リビングと繋がりがあること」「インテリアの邪魔をしないこと」を意識しました。

キッチンインテリア実例 インダストリアル フルリノベーション リフォーム おしゃれ かっこいい
左側がキッチン、右側がリビング、一貫性のあるインテリア

見せたくないものをゆるく隠す工夫や、使いやすい導線までさまざまな工夫を教えていただきました。

  • リビングに入ったとき、シンクが見えないようキッチンを配置(リビングとの境界線に一部、壁を作る)
  • リビングとの間にカウンターを造作し、リビングから見えると嫌なものを収納(ゴミ箱やレンジなどの家電)
  • リビングから見たとき一番視界に入る壁のため、サブウェイタイルをシンク側に貼った
  • 床を無垢木に
  • 壁付けキッチンなので背面にあたる場所(リビングとの間)にカウンターを造作し、見せたくないものを腰の高さより下に収納
  • 背面に置く収納家具は全てオーダーし収まりを良くした
  • システムキッチンの脇に袖壁を設置(その隣に冷蔵庫を配置)
  • アイアンラックを天井から吊り下げた(収納というよりもインテリア性)
  • リビング同様、天井をスケルトンにした

お気に入りのキッチンを維持する工夫いろいろ

キッチンは生活感の出やすいスペースですが、ヨコヤムヤムさんの台所は、リフォームから4年たった現在も相変わらずおしゃれです。
空間を維持するために、工夫している点や意識している点を伺いました

  • 背の高い家具を置かない(カップボードなど)
  • キッチンも収納スペースも広くないため、ものを増やしすぎない(収納スペースに収まらなければ買わない)
  • 見せる収納(飾り棚)には「見られて良いもの」しか置かない
ヨコヤムヤムさん

家の中でも一番生活感が出やすい場所のため、整理整頓と掃除を欠かしません。

キッチンインテリア実例 インダストリアル フルリノベーション リフォーム おしゃれ かっこいい
ゴミ箱や電子レンジはリビングから死角になる場所に設置

生活していく上で、無垢フローリングにしたため、水や油の飛び跳ねには常に気をつかう必要があるし、腰の高さ以上の場所に家電など、見られたくないものは置かないと決めているため収納に苦戦することもあるそうですが、それを差し引きしても、自分好みのキッチンで暮らすリノベーションという選択は、ヨコヤムヤムさんの日常をハッピーにしています。

大木奈ハル子

ヨコヤムヤムさん、ありがとうございました!

ヨコヤムヤム

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー。
2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。
2016年に中古マンションを購入しフルリノベ。
夫と二人で暮らす自宅をブログで全て公開しています。
趣味はサ活とバイク。
2020年サウナスパ健康アドバイザーと二輪免許を取得しました。
現在は、某フィットネスメディアの編集長としても活動するパラレルワーカー。

all photo by ヨコヤムヤム

キッチンインテリア実例 インダストリアル フルリノベーション リフォーム おしゃれ かっこいい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる